沖ドキを打つようになった経緯とフリーズ実績そして撤去について思うこと

去年の夏くらいからパチスロの実践頻度が減ったこともあり、記事にできる実践(「1/8192以上のレア役」「レアな上乗せ特化ゾーン」「一撃2000枚以上」を達成した実践)がかなり少なくなってしまったため更新頻度が減ってる状況が続いています。

なのでパチスロ実践の更新の合間に、今回は大好きな「沖ドキ」について、初打ちの出来事、沖ドキにハマった経緯、今までのフリーズの実績、まもなくやってくる撤去についてなど書いてみようと思います。

沖ドキを好きになった背景

沖ドキにハマった理由を考えた時、まずは元々このような連チャン性能のある機種が好きだったという背景があったことが大きかったです。
具体的な機種名を出すのは控えますが、何年か前に沖スロ系のボーナスが連チャンする機種にハマっていた時期がありました。
はっきり覚えていませんが、2~3年間くらいは他の機種には目もくれず、それしか打たなかったと言ってもいいくらいハマっていました。

沖ドキ導入当初のこと

実は沖ドキが導入された時、しばらくは打ちませんでした。確か1年とまでは行かないけど半年以上は打たなかったと思います。
理由としては、当時、他にハマっていた機種があったため、沖ドキ筐体の外観があまり好きではなかったため、勝手に7が揃うのが嫌いだったため、沖ドキの島の雰囲気が好きではなかったためです。
とにかく勝手に7が揃うのがパチスロではなくてオモチャみたいに思えて興味を持てませんでした。そんなことがあってゲーム性を調べることもしませんでした。
今思えば、もしゲーム性の情報がすぐ入っていたら、導入直後から打っていたと思います。

沖ドキ初打ちの出来事

沖ドキの初打ちは今でもはっきり覚えています。
よく聞く、パチスロにハマった人のパターンを再現するかのような体験でした。

パチスロで何日か調子悪い日が続いたある日、帰ろうと思って沖ドキの島を通り過ぎようとした時、ふと、ちょっと打ってみようかなと思ったんです。結構出してる人が多い、というのも頭にあったんだと思います。

まずは台選び。
どういう台がいいのか分からないので、出てない台より出てる台、とりあえず連チャンして2000枚以上出た履歴のある台に座りました。
台の横に置いてあるパンフレットを一通り見て、探り探り回し始めたら、50Gくらい回したところでハイビスカスが光ってBIG当選。
そしてボーナス終了後は32Gまでがチャンスらしいので、どうなるんだろうと思いながら回したら、詳しいG数までは覚えていないけど10G以内に光って2連目。そこから連チャンが始まりました。
何連目かのBIG中、ベルが揃った時に右の女性のランプが光って、これ何だろうとパンフレットを見て確認。
しばらくして今度はベルが揃った時に女性のランプと一緒に上の超ドキドキの文字が光って、またパンフレットで確認。
継続率80%とか90%とか書いてあったので、ああ、これは一撃のある台なんだと、そこで初めて知りました。
結局BIGのみの12連チャンで約2400枚。
後日、ドキドキモードを引いたんだと知りました。

今思えば、その時に打った台は今なら避けているであろう、10連以上した後80~90Gやめ台。
よくまあ、そんな台で1発で上がってくれて12連チャンもしてくれたなあと。
もしその時、当たりを引いていなかったら、連チャンしなかったら、2000枚以上出なかったら、沖ドキにハマるのはもっと後になっていたんだと思います。

沖ドキのフリーズ実績

沖ドキを打ってる割にはフリーズ回数は少ない方だと思いますが、何契機でフリーズを引いたことがあるか、覚えているものだけでも書いてみようと思います。

まずはメインとなる中段チェリーからのフリーズについて。
回数は10回以上。
(はっきり覚えていない。20回は行ってないと思います。)
中段チェリーのフリーズ確率は50%(通常時)ということですが、なんと10回目くらいまではフリーズ確率100%、必ずフリーズしてくれました。
初めてフリーズしなかった時はショックというより、とうとう来てしまったという感じでした。

確定役、確定チェリーからのフリーズについて。
確定役で5回以上、確定チェリーでも5回以上。
はっきり覚えていないけど、どちらも10回前後だと思います。

それ以外のフリーズについて。
これははっきり覚えています。
スイカからのフリーズ1回、角チェリーからのフリーズ1回、ベルカナからの1G連フリーズが1回です。
通常ハズレ目からのフリーズは1度も経験なし。
1G連フリーズを引いた時は一瞬何が起こったのか分かりませんでした。

沖ドキの撤去について思うこと

寂しいことに、もうすぐ設置期限を迎えて沖ドキが撤去されます。
撤去日は、多くの都道府県では2020年6月。
それまでは出来る限り打ちに行こうと思います。
撤去日までにやりたいことは、あと1回でいいのでフリーズを引きたい、引いてみたいです。
それと欲を言えば一撃枚数の記録も更新したいけど、多分これは無理でしょう。
一応、自分の中では、あと1回フリーズを引けたら心置きなく撤去日を迎えられるのかなと思います。

以上、沖ドキについていろいろ書いてみました。
さて、今度はパチスロの実践で結果を出して更新できるように頑張ります。

パチスロ実践結果まとめ

1/8192以上のレア役実績
沖ドキ中段チェリー(10)New
全て見る
一撃獲得枚数ランキング
1位7656枚*沖ドキ
2位7428枚沖ドキ
3位6975枚*エウレカAO
4位6804枚ハーデスNew
5位5681枚モンハン月下雷鳴
6位5613枚沖ドキ
7位5487枚沖ドキ
(*付きは閉店取り切れず)
有利区間完走実績
現在なし

プロフィール

名前:KKen
趣味:パチスロ
パチスロ歴:15年以上

4号機の頃に友達に誘われて打ちに行ったのをきっかけにパチスロにはまる。
これまで5回ほど引退したかに思えたが、数週間くらいすると再び戻ってくるを繰り返して今に至る。

詳しいプロフィールを見る

このブログについて

パチスロを趣味としている者のパチスロ実践の記録です。

現在のパチスロはチャンスゾーンという難関があったり、ARTに入っても駆け抜けてしまったりと、なかなか出玉を伸ばすのが難しくなっているように感じます。
そんな中で出玉を伸ばすには、恩恵の大きいレア役や、なかなか入りにくい強力な上乗せ特化ゾーンをどれだけ引けるかが重要になってきます。

ということで、このブログでは日々の実践全てを記録するのではなく、以下の3点があった実践だけをpick upして記録しています。

1/8192以上のレア役 を引いた実践
上乗せ特化ゾーン(レアなもの、個人的になかなか引けないもの)を引いた実践
一撃2000枚以上 出た実践

目標は一撃万枚オーバーです。

注意事項

パチスロ実践機種は偏るかもしれません。
「確率1/8192以上のレア役」「レアな上乗せ特化ゾーン」「一撃獲得枚数」の3点に焦点を当てているので、収支に関することには触れない予定です。
夜遅くまで打った日や、その他の理由により時間が取れなかった日は更新が遅れます。
解析情報等は再度確認するなどして慎重に書いていますが、中には間違った情報を記している場合があるかもしれません。

どうかご了承願います。

プライバシーポリシーについて